湘南カイロプラクティックセンター Top» マタニティコース

マタニティコース

産前・産後の骨盤矯正

マタニティ(産前)の整体

身体がだるい、腰などの痛み、むくみ……など

妊娠すると、胎児の成長に合わせて骨盤は徐々に開いていきます。
5ヶ月を過ぎると、赤ちゃんがどんどん大きくなり、お母さんの身体には相当な負担がかかります。このころから、腰痛やむくみを訴える妊婦さんが多くなります。特に、骨盤を支える筋肉が弱い人は、妊娠の後期にお腹が大きくなり重心の比重が前方にかかると、背中痛や股関節痛が出やすく、恥骨が痛くなることもあります。また、尿漏れしやすくなることもあります。

妊婦特有の症状を整体で和らげます。

産前の方への整体・施術について

腹の赤ちゃんが大きくなるにつれ、それに伴って腰痛や肩コリ・下肢のむくみや股関節付近の痛みなど様々な症状が現れることがあります。

  • 腰痛が軽減される
  • 脚のしびれや痛みがなくなる
  • 脚の付け根の痛みがなくなる
  • お尻の痛みが軽減される
  • 恥骨の痛みがなくなる
  • 尿漏れしにくくなる
  • 安産へと向けて骨盤環境を整えることができる

当院では独自の施術で
母体やお腹の赤ちゃんに影響の無い施術を行っていきます。

産後の整体

出産時の負担などで、骨盤などが不安定な時期です。さまざまな痛みや不調は
仙骨、腸骨、恥骨などの骨のバランスの不安定からおこる場合が多く見られます。

産後のからだの負担を早めに取りのぞくことで、次のことを防ぐことができます。

  • 腰の痛み
  • 恥骨の痛み
  • 尿漏れ
  • 冷え・むくみ

左側が正常な骨盤の状態、右側が歪みの生じている状態です。
赤ちゃんが産道を通るとき、骨盤は大きく開きます。 赤ちゃんはまっすぐ出てくるわけではなく、身体をひねるような形で産まれてきます。そのため骨盤にもねじられる力が加わってしまい骨盤が歪んでしまうのです。
産後はゆるんだ骨盤が締まりはじめますが、このとき骨盤のゆがみが残ったままだと、その状態のまま骨盤が締まってしまいます。また骨盤が完全に閉まるには数カ月かかりますので、その間の無理な 動作や姿勢によりさらに骨盤をゆがめてしまいます。

普段の生活にも気を付け、脚を組んで座ったり、姿勢に気を付けます。

産前の方への整体・施術について

すぐに育児が始まりますが、産後1ヶ月はなるべく安静にして、体を休めてあげて下さい。
骨盤まわりの関節や筋肉が弱っていて、最も負荷がかかりやすい時期ですので、骨盤まわりの調整、全身の筋肉ほぐし、骨格調整を中心に行っていきます。

初めての方限定クーポン

お問い合わせはこちら 046-866-1234 初めての方はこちら 050-8886-9703

フォームでのお問い合わせ

TOPへ